NPO団体『フリージア』ニート・ひきこもり・不登校相談支援室

親の会やカウンセリングを通して 当事者さんとご家族の相談支援を行っています


2月の親の会は2月2日(日)10 時 から12 時半です
詳しくは 次回の親の会をご覧ください

個別カウンセリング
も随時承っております

≫ EDIT

 何でも人任せにしない 

これはニート、ひきこもりといわれる方々だけの問題ではないのだが、親の中には何かと他人任せで、他人の善意で何とかして欲しいという方がいる。


「あなたは自分の子供の運命を他人の善意に託すのですか?」


と、問いたくなる。
 

                                      透過tree5


例えば、仕事の場所がないという話になった場合、親の多くは、「ニートやひきこもりに理解のあるところで就職させてほしい」 という。

しかし、本来であれば、親たちが集まってお金を出し合い、ビジネスプランを練り、当事者が働く場所を作っていくべきであろう。
親も本気で仕事について勉強しなくてはいけない。

都合のいいところだけは他人に助けてもらおうというその気持ちを、子どもはちゃんと見抜いている。


「他人に何かをして欲しければ、まず自分が動いて他人に何かをしなければならない」

どこかの本で見たことのあるフレーズだが、納得のいく言葉である。

TOP↑

| HOME |