『フリージア』 NPO団体 ニート・ひきこもり・不登校相談支援室

親の会やカウンセリングを通して 当事者さんとご家族の相談支援を行っています

| HOME |


  透過鯉のぼりライン3匹157-17
3KB (157 x 17) 次回の親の会は2019年5月5日(日)10時から12時半です 透過鯉のぼりライン3匹157-17
3KB (157 x 17) 個別カウンセリングも 随時 承っております 透過鯉のぼりライン3匹157-17
3KB (157 x 17)  

≫ EDIT

スタッフからのメッセージ

                                                                     透過クローバーとり
 
遠慮されずに、親御さんのしんどさも話してください。

 
フリージアではもちろんニートや引きこもりや不登校で苦しんでおられるご本人の力になりたいと思っております。が、同時に親御さんの苦しさにもよりそっていきたいと考えております。

 「子どものことは心配だけれど、わたしのしんどさも誰かに聴いてもらいたい」と、思われることもおありだろうと思います。そういうときは、「自分のことなんか話している場合ではない」と思われず、ご自身のしんどさも話しに来てください。

 先ず親御さんがご自身の気持ちを整理していかれることで、これまで見えなかったものが見えてきたり、子どもさんの苦しみが理解できるようになってきたりということがあります。 


相談機関や医療機関はニーズに合わせてご利用ください。 

 時々「わたしは病気でしょうか」「うちの子どもは病気なんでしょうか」というご質問をいただくことがあります。同じ状態でも、その時の状況によってはサポートを必要としないこともあれば、手厚いサポートが不可欠なこともあります。

 病気かどうかということよりも、ご家族やご本人が何らかのサポートを必要とされているかどうか、ご自身のニーズに合わせて必要なものを上手に利用していかれればよいのではないかと考えております。 


「手遅れ」と「時間がかかる」は、全く別のことです。 

 どうしようかとあれこれ悩んでいるうちに時間がたってしまい、やっとの思いで出向いた相談機関で、「手遅れです。どうしてもっと早く来なかったのか」というようなことを言われたという話を耳にすることがあります。

 確かにこじらせてしまったものや、重症化してしまったものは回復に時間がかかるかもしれません。が、『時間がかかる』ということと『手遅れ』ということは同じことを意味しません。私たちにできるのは、今、最善を尽くすことだけです。

 ご一緒に力を尽くしていきたいと思っております。 


お住まいの遠い方は、先ずお近くの相談機関を訪れてください。 

 
人と人とのコミュニケーションでは言葉そのものの果たす役割は、全体の3割に満たないと言われています。お互いを理解するためには、声のトーンや表情など、言語以外のものがとても重要な役割を果たしており、言葉だけではなかなか細かなニュアンスまでを伝え合うことはできません。

 フリージアがお住まいの遠い方には「先ず、お近くの相談機関を訪れてみてください」とご提案するのは、そういう理由からなのです。

TOP↑

| HOME |