『フリージア』 NPO団体 ニート・ひきこもり・不登校相談支援室

親の会やカウンセリングを通して 当事者さんとご家族の相談支援を行っています

| HOME |


  透過鯉のぼりライン3匹157-17
3KB (157 x 17) 次回の親の会は2019年5月5日(日)10時から12時半です 透過鯉のぼりライン3匹157-17
3KB (157 x 17) 個別カウンセリングも 随時 承っております 透過鯉のぼりライン3匹157-17
3KB (157 x 17)  

≫ EDIT

Bさんの場合

入社して間のないBさんは一所懸命がんばっています。

ある日も上司に言われて、取引先に契約書類の不備をなおしてもらうため、午後から出かけて行きました。訂正個所は一か所だけなのですが、契約書類となるとなかなか厄介なようです。Bさんは、「ちょっと手続きに時間がかかりますので、申し訳ありませんがお待ちください」と言われ、思いのほか長い間待たされ、帰りがすっかり遅くなってしまいました。

会社に戻ったときには退社時刻を過ぎていましたが、上司はBさんを待っていてくれて、「お帰り。遅かったな」と声をかけました。

上司としては言外に「お疲れさん」という思いをこめていたのですが、Bさんは、遅く帰ってきた自分を上司は『役に立たない奴だ』と思っているのだと感じてしまい、ひどく落ち込みました。

こんなことが何度かあって、最近Bさんはだんだん自信を無くして、会社も休みがちになっています。 

 ---------------------------------------------------



上司としては充分に労いの思いをこめて発した言葉でしたが、Bさんは言外のニュアンスがうまくキャッチできず、「遅かったな」という言葉を非難と誤解して、自信を無くしてしまいました。

評価や労いはできるだけ言葉にして、「お帰り。遅くまでお疲れさんだったね」などと丁寧に伝えることで、無用の誤解を避けることができるように思います
。 


                                                          透過かばん改 

TOP↑

| HOME |