『フリージア』 NPO団体 ニート・ひきこもり・不登校相談支援室

親の会やカウンセリングを通して 当事者さんとご家族の相談支援を行っています

| HOME |


  透過鯉のぼりライン3匹157-17
3KB (157 x 17) 次回の親の会は2019年5月5日(日)10時から12時半です 透過鯉のぼりライン3匹157-17
3KB (157 x 17) 個別カウンセリングも 随時 承っております 透過鯉のぼりライン3匹157-17
3KB (157 x 17)  

≫ EDIT

ニート脱出のためには、能書きより、まずは行動!

ニート、ひきこもり、不登校に関する相談の内容は人それぞれだが、共通している点がいくつかある。


そのうちの一つが、

「色々と理由をつけるが、結局行動しない」

ことである。


例えば、本人の場合。

親が子どもに対し、

「何もしないのが一番もったいないから、とりあえず○○のバイトをしてみたら?」

と言っても、

「俺には合わない」

と鼻から否定する。

でも、

「じゃ、どんな仕事がしたいの?」

と尋ねると、

「考え中」

とか言って、さっきまで普通に話をしていたのに、急に耳をふさいで二階の自分の部屋に逃げる。
 

こんなふうに書くと

「そうそう、そうなんです。その通りです」

と思われる親御さんは多いだろう。


でも、一方、親の方にも似たようなことが起こっている場合が多い。

私達のところに「親の会」の参加や「個別相談」の予約をしていても、

「やっぱり、まだそこまでしなくても」

とか思いなおして、結局来られない方がいる。


また、ニート、ひきこもり、不登校に関する無料相談、無料セミナーをあちこち回ってたくさん勉強しているが、

「子どもさんに一度お話させていただけませんか?」

と言うと、

「いや、うちの子はひきこもりではないから訪問や相談を受ける必要はない」

とシャットアウトされる方もいる。


こうやって、親の方も、

「色々と理由をつけるが、結局行動しない」


で、子どものニート・ひきこもり・不登校状態からの脱出のチャンスを自らつぶしてしまっていることがある。


もちろん、私達のサービスを受けたとしてもどんな方でも100%ニート、ひきこもり、不登校から脱出できるわけではない。

また、私達のような第三者にニート、ひきこもり、不登校の子どもを見せたくない、できれば隠したいという気持ちもよくわかる。


でも、ニート、ひきこもり状態にある子どもと私達をつなぐ唯一の接点は親御さんなのである。


だから、子どもにニート、引きこもり脱出のための行動を起こして欲しいと願うなら、

まず親自身が勇気をもって、最初の一歩を踏み出し、行動してほしい」

と思う次第である。 

                     透過tree3      透過tree2      透過tree5 
                                          

TOP↑

| HOME |