『フリージア』 NPO団体 ニート・ひきこもり・不登校相談支援室

親の会やカウンセリングを通して 当事者さんとご家族の相談支援を行っています

| HOME |


  透過鯉のぼりライン3匹157-17
3KB (157 x 17) 次回の親の会は2019年5月5日(日)10時から12時半です 透過鯉のぼりライン3匹157-17
3KB (157 x 17) 個別カウンセリングも 随時 承っております 透過鯉のぼりライン3匹157-17
3KB (157 x 17)  

≫ EDIT

現実逃避を許すべきか

ニート、ひきこもり、不登校状態にある方の中には、非常に広範な知識を持ち、その知識をしゃべりだしたら止まらない人がいる。

或る本人いわく、自分が仕事や人づきあいがうまくできないことから、現実逃避のため、理論武装しているのだそうだ。

しかし理論武装すればするほど、人は離れていく。

わけのわからない話を、延々聞かされるのはつらいからだ。

これでは現実逃避をすればするほど、さらにその現実が厳しくなってしまう。


はじめのうちは仕方ないかもしれないが、いつまでも優しくこれを見守っているだけではいけない。

「相手の立場に立って考える」

この姿勢がなければ、社会もニート、ひきこもり、不登校状態にある彼らに対して優しく支えてくれることはないであろう。

だから、徐々にではあっても、現実逃避をし続けている者には、厳しく接することが必要な時もある。

 
親も子も勇気を持って現実と向き合ってほしい。
       

                            透過tree3
                  
    
「他人を大切にする者は相手からも大切にされる」

この言葉を、人と話すとき、ちょっとだけでいいから、思い出してほしい。

TOP↑

| HOME |